医師が教える疲労の正体 なぜ、わたしたちは疲れるのか? 医師が教える疲労の正体 なぜ、わたしたちは疲れるのか?

Scroll

High-Conditioning

最高の自分、最高のコンディション

疲労回復から始めるNew Life

医療の進歩
ヴェールを脱いだ疲労

過去の疲労

乳酸の蓄積
筋肉のこり

解明された疲労

細胞のサビ
ファティーグファクター

医療が進歩し、疲労の正体が解明されました。
正体が分かったということは、
どのように向き合えば良いかが明確
になったということです。

さぁ今度こそ
疲労から開放されましょう。

細胞が変わる
疲労回復法

いつまで経っても抜けなかった疲れも、原因が細胞のサビだと分かれば、改善は可能です。
医学論文等で発表されている方法で、サビを取れば改善が見込めます。
そして、細胞のサビを取ることは疲労回復を超えた効果を生み出します。
その可能性の数々をご確認ください。

羽のように軽い体
羽のように
軽い体
常に笑顔のメンタル
常に笑顔の
メンタル
冷房や冬に負けない体温
冷房や冬に
負けない体温
美容やアンチエイジング
美容や
アンチエイジング
何を食べても元気な胃腸
何を食べても
元気な胃腸
脂肪と筋肉の最適化
脂肪と筋肉の
最適化
健康的な性
健康的な性
脳パフォーマンス向上
脳パフォーマンス
向上
免疫力アップ
免疫力アップ

High-Conditioning

最高の自分、最高のコンディション

疲労回復から始めるNew Life

医師からのお願い
どうかお願いです。
疲れを放置しないでください…

医師からのお願い

疲労は、「発熱」や「痛み」と並ぶ3大生体アラームと言われています。
誰しもが、発熱により寝込みます。
誰しもが、怪我をすれば安静にします。

ですが、疲労だけ違います。
医学的には、発熱や痛みと並ぶ重大な休養のサインです。
でも、疲れても体と心にムチを打ちながら頑張らないといけない悪しき文化があります。

自覚する症状は多様ですが、
どの症状であってもリカバリーしなければいけません。

自覚症状:心因性疲労(メンタルから来る疲労)、目や脳や内臓などの部分的な酷使から来る疲労、全身にまとわりつく疲労など

疲労を放置したその先には、このような避けたい未来があります。

ステージ1:軽度なんとなく体調不良

ステージ1:軽度 なんとなく体調不良
  • 体が重い
  • 肥満
  • 冷え性
  • イライラしやすい
  • 目や頭の不快感
  • 性機能の低下

ステージ2:中度明らかな体調不良(病院では異常なしと診断される)

ステージ2:中度 明らかな体調不良
  • 腰痛・肩こり
  • 沈みがちな気分
  • 全身倦怠感
  • 性機能の不全
  • 眼精疲労や頭痛
  • 風邪を引きやすい

ステージ3:重度病気

ステージ3:重度 病気
  • 心筋梗塞
  • 糖尿病
  • 脳梗塞
  • 不妊や重度ED
  • うつ病
  • 免疫不全

問題はマスクにあり

昨今の感染症環境があるので、
マスクというと、口を覆うマスクを思い浮かべるかもしれません。

ここで言うマスクは、疲労感のマスクです。
脳内麻薬は、疲労した状態を変えず、ただ疲労感だけを麻痺させることができます。

見落としてはいけないことは、疲労感が麻痺したとしても体は疲れているということです。
このマスク機能は、ヒトが原始的な生き物であった時の機能です。
肉食獣に追われる等の
「生命の危機」的な刺激に限定されて使用される機能でした。

ですが、現代社会は強烈な刺激やストレスがあふれ、エンドルフィンやアドレナリンといった脳内麻薬が出やすいです。

現代社会を生き抜く生きる術が疲労回復法だとも言い換えられると思います。

幸せに生きていくために、溢れるリスクに対抗しましょう。

疲労と論文に向き合った
パーソナルドクター
の答え

私達は、パーソナルドクターというサービスを提供している会社です。
ドクターと患者さんがパーソナルに繋がり、健康問題の解決や健康増進を目指すサービスです。
そのサービスを通して、現代人の疲労や健康を深く知り、データを貯め、改善することができる環境を作っています。
健康本や論文は、机の上で出来上がっているものが多いので、現場で使いにくい情報も多々あると実感しています。

【例】

  • ・世の情報
    ストレス原因のパワハラから距離を取るなど、現実的には不可能な対策

  • ・私達の教え
    避けられないストレスであれば、無数にある代替策で柔軟に解決

一般の方には取り組みにくい研究ではあるかもしれませんが、一つ一つが非常に素晴らしい研究の数々であることは、間違いありません。
私達は、研究ではなく、現場主義を貫くことに存在意義を見出しており、研究者に敬意を払っています。
役割を理解しているからこそ、その叡智を現場で活用させていただいております。
そして、考え方にこだわりすぎることをせず、現場で柔軟に活用するからこそ、実践的メソッドにまとめ上げることに成功しました。

疲労対策・メンタル耐性・自律神経調整・睡眠改善・腸活・脳の健康・アンチエイジング・美容…その全ての可能性を狙い、現場主義の医師が、効果と実践の2つを両立させることに全力を注ぎました。

ぜひ、無料で提供するLINE講座で学んでみてください。

High-Conditioning

最高の自分、最高のコンディション

疲労回復から始めるNew Life

運営会社・代表医師

運営会社

ABOUT US

世界共通の課題と言える”疲労問題”を解決すべく『有志の医師団』を結成しました。
古くから根付いている「疲れは我慢しないといけないもの」という考え方があるためか、疲労を感じていても働くことを強いられる環境にあります。
忙しさを理由に病院を受診しない人や忙しさを理由に身体を壊す人も現代人はとても多いです。
結果的に若くして救急搬送される方、手遅れの段階で受診する方は非常に多く、働く人口が減ることは社会にとってもマイナスだと考えています。
この社会問題を解決すべく私たちは一人一人に寄り添い、正しく導くことにしました。

代表取締役社長/医師中田航太郎

経歴・プロフィール

東京医科歯科大学医学部卒業、救急総合診療科医。
最新の疫学論文を読み、経験論でなく、科学的根拠ある知識を元に医療や健康と向き合う。
クリニックでは総合診療科医として、疲労主訴の患者を多数経験しつつ約100名の経営者のパーソナルドクターも務める。
2021年1月22日に監修書籍「内臓疲労回復」を出版

書籍

『内臓疲労回復』(2021/1/22発売)監修
LINE学習
with Dr.